大田原マラソン完走記(2017.11.23)

December 1, 2017

 

ここ5年ほど前から初参加のフルレースに年1,2回出走しています。今シーズンは10/1の東北みやぎ復興マラソンに続きこの大田原も初出場。東北みやぎでは、サブ3ペースランナーでありながら、30K以降大失速して3時間24分。なので、今回は慎重に準備し、また雨の中スタートだったので慎重にレースも進めました。

 

前日はタイミング良く東京で仕事があり、当日朝に新幹線で約1時間「那須塩原駅」に到着。送迎バスに乗り込むまでにトイレを済ましたかったが、予想通り駅のトイレは長蛇の列。そこで改札を出てバスが待つ反対方向の広場に向かいそこでトイレを探す。やはりありました!すぐに準備完了!(笑)。その後も雨の中バスの列に並ぶのでなく、次の新幹線の到着時間まで軒下で暖をとり、列が徐々に減り次の新幹線が来たなというタイミングで列に並び5分ほどでバスイン。

会場に着くと、まずは会場全体の位置関係を散策しながら確認。陸上競技場内のトラックスタート、OK。スポーツ用品や地元特産品の並ぶテントで商品鑑賞。その後体育館に向かう。入口付近に、ダンボールを積んだトラックが。

 

 

 

 荷物は体育館の指定スペースに置け、貴重品は預かってくれるだが、このトラックでの管理料は500円、有料だから空いてそう。「スタート直前でもOKですか?」「はい」と確認して安心して体育館内で着替え、エネルギーと水分補給。スタート20分前まで体育館内でのんびりしトラック付近の軒下へ。そこでゆっくりレーススタイルに。周りには雨をしのぎ、寒さをしのぎジョグで体を温めるランナー多数。さらには、どこかのクラブであろうか・・20人ほどが円陣を組み、一人ずつ大きな声で今日の目標や意気込みをシャウトしている。「走るのはまだ早いですよ・・・気合を入れるのは30Kからですよ」とココロの中でのコーチアドバイス(笑)。トラックに荷物を預け・・

 

 陸上競技場をスタート10分前に移動。皆ほとんど整列完了状態。でも冷たい雨が強くなってきている。指定ブロックの最後方まで来たが、「まだ10分もあるので並びたくない」ということで、ブロック外の木の下で3分前まで雨宿り。

 

 

 

10時スタート! 後で応援Naviを見るとスタートは631位。今日はまず慎重にサブ3ペースで5Kを21分22秒で通過。大田原マラソンのコースは前半で80M下るのでほとんどのランナーは貯蓄型のペース配分になるが私は慎重に慎重に。坂を利用し10-15Kラップは20分10秒まで上がり、15K手前でサブ3のペースランナーに従う100名ほどの大集団をかわす。15K地点を通過後、後方から「おえっす!」と15K通過の集団の雄叫びが聞こえる。私はハーフで193位に。

 

23Kで下りが終わり24Kから向きが北に変わり、いよいよ大田原名物の上りと向かい風の難所区間が始まる。25-30K,30-35Kの5Kラップは約1分自然に落ちともに21分07秒。

 

 

35Kを過ぎ南西方向に変わり、上りも終わった時点から、さあヨーイドンの私の7Kレースの始まり!エンジンを全開に。35-40Kを 19分38秒で30人抜き、ラスト2.2Kは3:51/kのペースで10Kレースの感覚まであげられ総合74位でゴール! 競技場内では短距離走の気分で快感でした!

 

 

 

 

タイムは、2時間53分6秒(前半1:26:49後半1:26:17)と、昨年のベストタイムには4分ビハインドでしたが、後半の上りと向かい風と考えると、大満足のネガティブスプリットでした。このレースの位置づけは、12月17日の防府マラソンへのワンステップでしたが、失速せずにサブ3の目標は達成しました。

次回の完走記、勝負レースの防府マラソンへ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

© 2023 by Name of Template. Proudly created with Wix.com

関西地区でのおとなのランニング練習会/イベント/プログラム/指導